止水栓の開け方がわからない!場所はどこ?マンションの場合は!?

スポンサーリンク

トイレや台所、洗面所など

水回りのトラブルなどの時に

気になるのが止水栓ですよね。

止水栓は家の中にあり、

トラブルの応急処置などの時に使いますが、

そんないざという時に

どうすれば良いのか分からない

という方も多いでしょう。

今回はそんな水道の

止水栓や元栓などの開け方や、

一戸建てやマンションなどでは

異なる操作方法についてご紹介します。

止水栓の場所はどこにある?蓋の開け方も知りたい!

自宅に複数ある蛇口。

水漏れや閉まりが悪い、

また蛇口の点検などをする際に

蛇口をひねっても水が出ないように

するためには止水栓を止める必要があります。

止水栓は住まいによって異なる場所にあります。

まずはマンションやアパートなどの

集合住宅の場合です。

台所などではキッチンシンク下、

トイレではトイレ内の水道の管の一番根元、

洗面所では洗面台の下などに

止水栓があることがほとんどです。

この止水栓を止めることで、

それぞれの蛇口を開けたり閉めたりしても

水が出なくなります。

止水栓には2種類あり、

マイナスドライバーを使うものと、

止水栓に蛇口の取っ手のようなものが

付いている場合があります。

これを開けたり閉めたりすることで、

普段使う蛇口をひねっても

水が出なくなったり、

また水の勢いを調整することができるのです。

では次に一戸建ての場合です。

一戸建ての場合は

止水栓が屋外に設置されている場合があります。

庭などに「止水栓」とかかれた

四角いマンホールのような蓋を

ご覧になったことがある方も

いらっしゃるでしょう。

その蓋をあけることで中に止水栓があります。

ですが止水栓は

頻繁に使うものではないですし、

屋外に設置されていると、

知らず知らずのうちにその蓋の隙間に

雨や砂、ホコリが入って

蓋が開けにくいということが多いです。

そんな時は止水栓の蓋の縁を

ハンマーなどで叩いてみましょう。

刺激を与えることで

蓋が開けづらくなっていた原因の

汚れが剥がれ、蓋が開けやすくなります。

後はその蓋をあけるだけで、

後の止水栓の操作は上記の内容と同じです。

では次に元栓についてご紹介します。

水道の元栓の開け方は?マンションの場合は間違いにも注意!

先程は水を止めるための栓である

「止水栓」についてご紹介しました。

では次に元栓はどうでしょうか。

「元栓」という名前の通り、

元栓は住宅内の全ての水の元となる栓です。

つまり元栓を閉めると

住宅内の全ての水が止まるというわけです。

元栓は住まいによって場所が異なります。

まずはマンションの場合、

水道メーターは玄関外にあると思いますが、

その水道メーターのすぐ近くに

元栓があることが多いです。

アパートなどの場合は、

水道メーターがある場合は

水道メーター近くに元栓があると思いますが、

場合によっては建物の入り口付近に

部屋番号が記入されている蓋が

地面に設置されており、

その中にある場合もあります。

一戸建ての場合は住宅敷地内のどこかに

「量水器」とかかれた蓋があり、

その中に水道メーターと元栓が

収納されていることが多いです。

この元栓を閉めることで

水道メーターも連動して止まる仕組みです。

基本的に生活をしていく中で

元栓を自分で操作することは少ないでしょう。

節水のために水量を調節したり、

蛇口の交換のために

水を止める必要がある場合は

止水栓で対応できます。

ですが止水栓も劣化していきます。

止水栓が劣化してしまうと

元栓を閉める必要がありますので、

場所を確認しておくと安心ですね。

水道メーターをみて

水道料金を計算するのは

業者の仕事ではありますが、

念のためにみなさんも

自宅の水道メーターの場所と元栓の場所を

知っておくことも大切です。

さいごに

あまり気にしない方も多い

水道の元栓や止水栓ですが、

トラブルに備えて、一度「蓋が開くか」、「場所はどこか」

を確認しておくことで、

万が一のトラブルにも対応が出来ます。

みなさんも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする