潮干狩りのクーラーボックス 大きさの選び方!潮干狩りにあると便利な持ち物

スポンサーリンク

沢山の貝が採れ、持ち帰って

食べることができる潮干狩りは

老若男女問わず多くの方が楽しめる

人気のイベントですよね。

そんな潮干狩りで貝を持ち帰る時に

欠かせないのが「クーラーボックス」です。

なるべく新鮮な状態で、

美味しく楽しむためにも必需品である

クーラーボックスですが、

みなさんはどのようなクーラーボックスを

お持ちになりますか?

あまり大きいものだと荷物になりますし、

小さすぎても持ち帰る量が限られてしまいます。

今回はそんな潮干狩りにぴったりな

クーラーボックスの大きさについて、

また潮干狩りに持っていくととても

便利なグッズについてご紹介します。

潮干狩りのクーラーボックス 大きさはどの位がベスト?

お子さんの運動会や、キャンプ、釣りなどで

クーラーボックスを利用する

という方も多いでしょう。

その時のクーラーボックスを

潮干狩りでも使用するという方も

いらっしゃると思います。

「大は小をかねる」という言葉の通り、

貝が入らないよりは大きすぎる

クーラーボックスの方が安心ではあります。

ですが荷物が増えてしまいますし、

またクーラーボックスを持って移動することを考えると、

なるべくコンパクトである方が嬉しいですよね。

潮干狩りに使うクーラーボックスは

「8リットルサイズ」で十分です。

保冷剤と採った貝を入れると考えても、

大きくて10リットル以下で大丈夫でしょう。

クーラーボックスに保冷剤を入れたら

ビニール袋などに入れた貝と、

自宅での保存、砂抜き用の海水を1リットル程度、

ペットボトルなどに入れて持ち帰ります。

貝が少なければペットボトルも

クーラーボックスに入れてもいいですし、

収穫量に応じて貝が多い時は

海水を入れたペットボトルだけ

クーラーボックスから取り出せば大丈夫です。

またこの時、

なるべく小さなクーラーボックスでも

収まるように、保冷剤にも一工夫しましょう。

ケーキやアイスを購入した際についてくる

小さな保冷剤を沢山入れるよりも、

キャンプなどで活躍する

ハードケースタイプの保冷剤を1つ入れる方が、

より長時間にわたり冷たさをキープできます。

また潮干狩りのために

クーラーボックスを購入する事に抵抗がある方は

「発泡スチロール」でも代用できます。

発泡スチロールを使う場合は、

クーラーボックスよりも保冷が持続し辛いので、

ハードケースタイプの保冷剤を使うなどの

工夫をすると安心です。

このように大きなクーラーボックスでなくても、

貝を新鮮なまま持ち帰る事が出来ますので、

ぜひ試してみてくださいね。

潮干狩りにはジップロックが便利!潮干狩りのあると便利なものリスト

先程は潮干狩り時の

クーラーボックスについてご紹介しました。

ではクーラーボックス以外には

どのようなものを持っていくと

便利なのでしょうか?

熊手やバケツなどの定番道具以外で、

あると便利なものについてご紹介します。

まずオススメするのが「ジップロック」です。

クーラーボックスなどを冷やす際に

保冷剤ではなく、氷を入れて冷やす方も

いらっしゃると思います。

ですが貝に直接氷が触れてしまうと、

氷が溶けた時の水分により貝の内部に

残っていた海水の塩分濃度が下がってしまいます。

貝にとっては真水が大敵のため、

その氷溶け水によって貝が死んでしまう

原因にもなります。

氷を入れる際はジップロックなどの

容器に氷を入れるようにしましょう。

次にオススメなのは

「ポテトマッシャー」です。

ポテトサラダなどを作る時に使用する

ポテトマッシャーは、潮干狩りでは

便利な道具になります。

多くの方が熊手を使って

貝を掘ると思いますが、

熊手は先端が尖っているので

貝を傷つけてしまったり、

また小さなお子様は危険な面があります。

そんな時に便利なのがポテトマッシャーです。

しっかりと貝を掘れますし、

熊手のように尖っていないので

安心して使用する事が出来ます。

また100円ショップで簡単に手に入るのも、とても嬉しい点ですね。

他には「レジャーシート」も便利です。

立ったりしゃがんだりを繰り返す潮干狩りは想像以上に疲れてしまいがちです。

一旦休憩したくてもイスが無いことが多いので砂の上に座ることになります。

そんな時にレジャーシートがあれば、汚れる心配もありませんし、荷物なども安心して置くことが出来ますね。

また潮干狩りで直接砂浜に座らなくても、服には砂が付いてしまいがちです。

そのまま車に乗り込むとシートに砂が付いてしまいます。

車のシートに砂が付くと掃除が大変ですので、車にも大きめのレジャーシートを広げて座ると安心です。

レジャーシートは砂浜用と車用、計2枚あるととても安心です。

まとめ

いかがでしょうか?

潮干狩りは荷物をなるべく少なく、そして車や服が汚れない工夫をすることで、より楽しく潮干狩りをすることができると思います。

みなさんも夏に潮干狩りをする際にはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする