プラスチックの黄ばみを取るにはキッチンハイター?白さを取り戻す!

スポンサーリンク

食器やまな板の漂白にはもちろんのこと、殺菌や消毒にも使える「キッチンハイター」

そんなキッチンハイターですが、

プラスチック製のものは

どうなのでしょうか?

白いプラスチックの食器が

使用するうちに、

みるみる黄ばみが発生し、

食器用洗剤では落とせない

という経験はありませんか?

今回はそんな

白いプラスチック製のものが黄ばんでしまった場合の、

黄ばみを落とす方法について

詳しくご紹介します。

白かったプラスチックに黄ばみが!除光液でとれる?漂白剤が必要?

白いプラスチック製のもの

といっても、いろんなものがありますよね。

割れてしまう恐れの少ない

白いプラスチック製の食器や、

ゲーム機、また家電のパーツなど、

生活する中で白いプラスチック製の

ものは意外とたくさんあるのです。

白いものといえば、

汚れが目立ちやすいという点がありますね。

汚れや黄ばみは一度発生すると

落としにくいうえに、

見た目も綺麗ではありません。

そんな白いプラスチック製のものを

新品のような白色に戻すには

どうすれば良いのでしょうか?

例えばプラスチック製のまな板の場合は

キッチンハイターを使って

白くすることができます。

ですがゲーム機や家電、

照明のスイッチなどは

キッチンハイターに浸すことはできません。

そんな時におススメな道具が

「除光液」です。

マニキュアなどを落とす時に

使用する除光液は、

プラスチックの黄ばみを

落とすことも出来ます。

コットンやティッシュに除光液を含ませ、

表面をサッと拭くだけで

黄ばみがみるみる落ちていきます。

注意点としては、

必ずはじめに目立たない部分を

試し拭きしてください。

プラスチックと一言で言っても、

成分によっては本体を傷つけて

しまうこともあります。

必ず目立たない部分で確認してから

全体を拭くようにしましょう。

この除光液さえあれば、

漂白剤などを使わなくても

黄ばみを落とすことができますので、

ぜひ試してみてくださいね。

プラスチックの黄ばみにエタノールは?黄ばみに一番効き目があるのは?

先程は除光液を使った

黄ばみの除去方法をご紹介しました。

ですが除光液は

合うものと合わないものがあり、

プラスチックの成分によっては

不自然な白色になったり、

プラスチックが余計に変色、

変質する恐れもあります。

そんな場合はどうすればいいのでしょうか。

黄ばみに一番効果があるのが

「エタノール・オキシドール」です。

消毒液として有名な

エタノールやオキシドールは

黄ばみを落とすのにピッタリです。

ドラッグストアなどでも

比較的安く手に入りますし、

消毒液として自宅に常備してある方も

いらっしゃるでしょう。

使い方はとても簡単です。

雑巾などにエタノールをつけ、

黄ばみが気になる部分を拭くだけです。

あっという間に本来の白色に戻ります。

また除光液よりもプラスチックとの

相性が良く、ほとんど全ての

プラスチック製品に使うことができます。

注意点としては必ず

手袋を装着して使用してください。

エタノールやオキシドールの

液体が直接手につくと

肌荒れを起こす場合があります。

安全のためにも手袋を装着しましょう。

白いプラスチック製品が

黄ばんでしまうのには、

手垢やタバコのヤニなど、

様々な原因があります。

ですがエタノールやオキシドールを

使えばほとんど全ての黄ばみを

落とすことができます。

万が一、これでも落ちなかった

黄ばみの場合は、経年劣化による

黄ばみが原因だと思われます。

経年劣化による黄ばみは

残念ながら本来の白色に

戻ることはありません。

経年劣化以外の場合は

エタノールで落ちますので、

一度試してみる価値はあるでしょう。

さいごに

いかがでしょうか。

綺麗な白色のものが

黄ばんでしまうと見た目も悪いですよね。

ですがエタノールを使えば

簡単に綺麗になりますので、

みなさんもぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする