マンションの止水栓がある場所はどこ?知っておきたい水道関連!

スポンサーリンク

水道のトラブルや

水回りのDIYなどをするとき、

水を一旦止める必要がありますね。

そんな時に閉めるのが止水栓や元栓です。

止水栓はその蛇口付近にあるものの、

元栓は自宅外にあることが多く、

また元栓を操作することも

少ないため、

場所を知らない方が多いでしょう。

今回はそんな水道の元栓の場所と、

元栓の開け方などについてご紹介します。

水道の元栓の開け方をレクチャー!アパートの水道設備の場所も!

自宅内の全ての蛇口へと水を流すには、

水道の元栓を開ける必要があります。

反対に、全ての蛇口への水を

止める場合も元栓を閉める必要が出てきます。

引っ越してきてから水を使うには

元栓を開ける作業をしなければなりません。

その際は基本的には管理人や

水道業者の方が付き添ってくれますが、

突然の水のトラブルにより

元栓を閉める必要がある場合は

自力で行う必要もあります。

そんな時に元栓の場所が

分からないと不便ですよね。

水道の元栓は

アパート、マンション、一戸建てにより

それぞれ場所が異なります。

まずはアパートの場合、

玄関ドア外側付近に

水道の使用量を表す、水道メーターが

設置されているかと思います。

水道の元栓は水道メーター付近に

あることが多いです。

無い場合は集合玄関外の地面に

蓋があり、その中に各部屋ごとの

元栓がそれぞれ入っていることもあります。

次にマンションの場合です。

マンションの場合は玄関外に

「パイプシャフト」と呼ばれる

扉のついた場所があります。

その中に水道メーターと一緒に

元栓が入っていることが多いです。

最後に一戸建ての場合です。

一戸建ての場合は庭や玄関、

もしくは敷地内のいずれかの場所の

地面に四角い形の鉄製の蓋がついています。

その蓋をあけると、

中に水道メーターと元栓が

入っているでしょう。

このように一戸建てか集合住宅か、

またその建物の大きさなどによって

それぞれ元栓の場所が異なりますので、

注意が必要です。

水道の元栓が扉の中にある場合も!開け方と必要な工具!

先程はマンション、アパート、一戸建て

それぞれの元栓の場所について

ご紹介しました。

ではその元栓を開ける場合は

どうすれば良いのでしょうか。

元栓が「ハンドル」の場合、

特に工具は必要ありません。

ハンドルを反時計回り(左回転)

させることで元栓が開き、

時計回り(右回転)されることで

元栓が閉まります。

ですが元栓は使用頻度が低いため、

水分や結露などによって

固くなってしまっていることがあります。

その場合は「六角レンチ」を使いましょう。

ハンドルのすぐ下に付いている

六角形のボルトをほんの少しだけ緩めると、

その分ハンドルも回りやすくなります。

注意点としては、

あまり一気に六角レンチで

緩めてしまうと水が漏れたり、

また最悪の場合水が噴き出すことも

ありますので、必ず

少しずつ慎重に行ってください。

元栓にハンドルが付いていないこともあります。

ハンドルのように回す部分が無く、

ボルトがむき出しのような状態に

なっている場合は

「マイナスドライバー」を使いましょう。

くぼみにマイナスドライバーを差し込み、

先程と同じ方向に回すと

それぞれ元栓の開閉ができます。

ハンドルが無い場合であっても、

固すぎて動かない時は

六角レンチで上記の方法を

試してみてください。

このように元栓の開閉には

「マイナスドライバー」と「六角レンチ」

があれば基本的にはどのような

元栓も開閉することができます。

さいごに

元栓を開閉する時には、

特に集合住宅で複数の部屋の元栓が

一ヶ所に収納されていることが

ありますので、必ず間違えないように

する必要があります。

また元栓の操作には

管理人の立会いが必要な場合も

ありますので、念のために

管理人に相談の上、操作を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする