米びつの虫を防止したい!お米の虫よけに最適なのは何!?

スポンサーリンク

お米に虫がいるなんて気持ち悪い!!

毎日食べるお米が無駄になってしまうのは

絶対に避けたい!!

米びつにわく虫は【コクゾウムシ】と【ノシメマダラメイガ】です。

それぞれの特徴を知って予防しましょう!

【コクゾウムシ】

コクゾウムシの侵入経路

  • 初めからお米についている←栽培途中で米粒の中に卵を産み付けるため

農薬の使用が少ないお米→被害が大=安全なお米と言える

  • 米びつに侵入してくる←日本全国にいる害虫

高温多湿を好む

予防方法

唐辛子のカプサイシンが有効です。

お米の防虫用に市販されているものを利用するとよいでしょう。

【ノシメマダラメイガ】

ノシメマダラメイガの侵入経路

  • 米びつに侵入してくる

←食材を見つける能力が高い 穴をあける力が強い

ノシメマダラメイガの予防方法には、わさびが有効です。

お米の虫除けってどうしてる?おすすめ防虫 方法をご紹介

 

お米の虫除けのための保存方法

これは美味しく食べれるランキングでもありますよ。

玄米で保存して、食べる分だけ精米する

でも、家庭用精米機がいるのでさすがにこれは面倒ですよね。

冷蔵庫で保存

市販のお米保存容器やペットボトルを利用して保存

う~ん 冷蔵庫がいっぱいで無理だ。

でも、大量買いをしなければ可能かも・・・。

米びつで保存

一番多い保存場所がこちらだと思います。

もちろん我が家でもそうです。

では、米びつでしか保存できないけど

その中で最善の方法を

  • 防虫のため高温多湿を避けれる暗所に米びつを置く
  • 使いきってから新しいお米を入れる
  • 米びつのこまめな掃除

特に四隅や軽量口のまわりは虫が卵を産み付けやすいです。

  • 唐辛子・ワサビ 市販の防虫防カビ剤を使用する

米唐番 最強米びつくん など

これで嫌な虫の発生をかなり防ぐ事ができます。

スポンサーリンク

もしもお米に虫が湧いてしまったら?精米機で除去できるって本当!?

 

もしもお米に虫がわいてしまっても、捨てないで!!

コクゾウムシは稲の段階でお米の中に卵を産み付けるので

精米しても取り除くことはできません。

が、万が一食べてしまっても体に害はありません。

もちろん食べたくないのでその場合の対処方法があります。

光に反応するので、新聞紙などの上に広げておくと

逃げて行きます。

直射日光では味が落ちるので日中の涼しい所で大丈夫です。

成虫も幼虫もお水に浮くので、研ぐ時に

注意をし取り除けば

その日食べる分はこれで避けられます。

ただし糞などの残留物でアレルギー反応を起こす

可能性もあるので注意が必要です。

残念ながら【ノシメマダラメイガ】が発生したら

廃棄してください。

それから発生源を特定して駆除しましょう。

餌となるため米びつ内の掃除を

エアゾール剤を使って行いましょう。

まとめ

害虫を予防する、保存方法を工夫するは

美味しくお米を頂けると繋がっていたんですね。

高いお米は我が家ではそうそう買えないので

最大限にお米のポテンシャルを引き出す

努力をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする