金魚すくいのコツが知りたい!ポイの正しい使い方と裏技も!?

スポンサーリンク

そろそろ夏祭りの季節です。

夏祭りといえば、金魚すくいですよね!

いつもすぐに破れてしまい、1匹もすくえない!という方。

今年はちょっとしたコツを知って、

金魚すくいを成功させてみませんか!?

金魚すくいで使う丸い道具はポイといいます。

早速ポイの使い方や裏技をご紹介していきますね!

金魚すくいで出目金ってとれるの?出目金の取り方のポイント!

金魚すくいの水槽の中に泳いでいる赤い小さな金魚。

そのなかに、一回り黒くてヒラヒラと泳ぐ、

大きな目をした金魚が、出目金です!

出目金は大きくて重いので、なかなかすくうのは難しいです。

でも綺麗ですし、ぜひ狙いたいですよね!

まずはポイを水面へいれます。

水と平行にし、じっと待ちます。

この時、ポイントは追いかけまわさないことです。

壁のほうに来るのを待ち、近づいてきたら

ポイを斜めにしてすくいましょう。

金魚すくいのポイが破れない方法!ポイの正しい使い方と裏技も!?

先程は出目金のすくい方をご紹介しました。

重さがあるので、ポイになるべく負担をかけないため

追いかけまわさないことがポイントでしたね。

でも出目金なんて、夢のまた夢。

赤い小さな金魚で精一杯です、という方。

赤い金魚もかわいいですよね!

和金、という種類だそうです。

体も丈夫だそうですよ。

お子さんがいるご家庭でしたら、是非すくって

家で飼いたいですよね!

ポイを水にいれるところから、コツはあるようですので

順番にご紹介したいと思います。

まず、ポイには表と裏があるのをご存じですか?

紙が枠に貼り付けてあるほうが、表です!

すくう際は、表の面を上にしてすくいましょう!

間違えて裏面を上にしてしまったら、

紙と枠の接着面が、水圧ではがれやすくなってしまい、

金魚の重みで余計に破れやすくなってしまいます。

紙が枠の上に貼り付けてあるほうが上!と

忘れないようにしましょう!

スポンサーリンク

続いて、水への入れ方です。

すくう前にポイ全体を水で濡らしておくと

金魚の重みがかかっても破れにくくなります。

水に入れる角度は20度から30度、ゆっくりと、

でもゆっくりしすぎず、水面にさっと入れましょう。

水の中に入れたら、水面とポイは平行にします。

平行に、水面の近くを移動しながら金魚を探しましょう。

深めに入れたり、斜めに移動すると、

水圧がかかるので要注意ですよ!

水面近くの金魚が取りやすくてオススメです。

ポイを深めに入れると水圧がかかって破れやすくなるので

水面で勝負しましょう。

金魚の頭から、ゆっくり斜めにいれると、

抵抗を受けることなく、すくえるようですよ。

この際、尾ひれが紙の上に乗っていると

パタパタと暴れて紙を破かれる恐れがあるので

要注意です。

ポイは当然、紙が厚い方が破れにくいですよね。

ポイには何種類か、紙の厚みがあるのをご存じですか?

4号から8号あり、4号が一番厚く、8号が薄いそうです。

一般的には5号から7号が使われることが多いそうですよ。

ここで裏技です!

金魚すくいの屋台裏にまわってみてください。

ここにポイの箱が置いてある場合が多いです!

これを見れば、何号の厚みのポイを使っているお店なのか、

一目瞭然ですよね!

ただお店によっては、お客さんに合わせて、

そっとポイを変更している場合もあるようです。

子供や女性など、すくえなさそうなお客さんには

なるべく厚みのあるポイを渡す、などですね。

その場合はこの裏技は使えませんが、

お店の裏に回ってみる価値はありそうですよ!

まとめ:コツをつかんで、無事金魚を家に持ち帰ろう!

いかがでしたか?

難しい金魚すくい。

ポイントはポイの表の面を上にして、

水のなかに斜めに入れたら、水面と平行に移動させることでした。

屋台の裏に回ってみて、ポイの紙の厚みを確認し、

厚みのあるポイを使っているお店を選びましょう!

コツをつかんで無事成功できたら、

いよいよ家へ持って帰ります。

以下、簡単ではありますが、金魚を持ち帰った場合の

飼い方をご紹介します。

水槽を元々お持ちのお宅なら大丈夫ですが、

もし金魚の水槽の用意がない場合、

ご自宅にある大きめのバケツを、素手で水洗いしましょう。

薬品が少しでも残っていると、小さな金魚にとっては毒になるので

洗剤を使わず、水洗いするのがポイントです。

水道水には消毒するための塩素とカルキが含まれているので、

水道水のままでは金魚は飼えません。

カルキ抜きをする必要があります。

でも家に水槽用のカルキ抜きが常備されているお宅は少ないと思います。

2日間日光に当てていればカルキ抜きされますが、

夏祭りで予定外に金魚をすくってきた場合、

カルキ抜きの用意もできていませんよね。

そんな時に手っ取り早いのが、ビタミンCの飴です。

ビタミンCにはカルキを中和する働きがあるので、

お祭り帰りにコンビニで買って帰ってください。

一粒入れれば、大丈夫ですよ。

また、水は常温である必要があります。

たとえ常温になっていたとしても、いきなり水の中に入れたら

わずかな水温差でも死んでしまう場合があります。

持ち帰った袋ごと、そっと水の中にいれ、

金魚が自然に袋から出るのを待ちましょう。

また、エサをやると水が急激に汚れるので、エサはあげなくて大丈夫です。

数日なら食べなくても生きていかれるそうですよ。

以上、ご紹介したのはあくまでも急遽金魚を持ち帰った場合の、

仮住まいの作り方です。

数日以内には、水槽やフィルターや砂利など、

金魚を飼う準備を整えてくださいね。

私は夏祭りで2匹の金魚をすくい、

長生きをさせ、繁殖にも成功したことがあります!

金魚すくいの金魚は早く死んでしまう、と思われがちですが

きちんと飼い方を知っていれば、大丈夫ですよ!

特に金魚すくいにいる赤い小さい金魚(和金)は

とても頑丈なことで知られています。

10年ほど生きる金魚もいますよ。

生き物を育てることは、お子さんの情操教育にも有効ですよね。

是非、この夏は金魚すくいに挑戦し、

ご自宅で金魚を飼ってみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする