自転車の鍵の壊し方!マイナスドライバーで意外と簡単に壊せる!

スポンサーリンク

移動手段として自転車を利用される方も多いでしょう。

そんな自転車での悩みといえば、

なんといっても

「鍵をなくしてしまう」

という事です。

自転車の鍵は小さいので、

どうしても無くしてしまいがちですね。

特に出先で

無くしてしまった場合は

とても困ってしまいます。

今回はそんな出先で

自転車の鍵をなくしてしまったとき、

応急処置として鍵を壊す方法や、

臨時の鍵として便利な

100円ショップの鍵についてご紹介します。

自転車の鍵をなくした!出先でなくすと帰れない!簡単に壊す方法!

出先で自転車の鍵を

なくしてしまうととても大変ですね。

自転車を動かすには

後輪を持ち上げなければなりませんし、

次の目的地や自宅へ帰る事が

困難となってしまいます。

そんな時に思いつく、

一番早い方法が「鍵を壊す」

という事ですね。

新しい鍵を購入、取り付けする事が

必要になってしまいますが、

より早く対処するための

応急処置となります。

とは言っても

鍵を壊すのは簡単ではありません。

馬蹄錠と呼ばれる

馬の蹄のような形をした、

自転車に付属している鍵も、

追加でかけているワイヤー型の鍵であっても、

どちらも金属製のものが多く壊すのは困難です。

そんな頑丈な鍵を

壊す方法をご紹介します。

あくまでも悪用ではなく、

「自分の自転車の応急処置」

として参考にしてくださいね。

馬蹄錠の場合は、

「マイナスドライバー」があれば

開ける事ができます。

鍵を正面から見た時の左側に、

鍵を差し込む穴と

鍵本体があると思います。

マイナスドライバーを

隙間に差し込み、この鍵を

壊す事が出来れば、

車輪を固定しているパーツが

カチャンと開きます。

コツとしては

中にあるバネを外すのがポイントです。

鍵の種類によって、

その鍵本体の内部に1〜2個のバネが

入っておりますので、

そのバネさえ外せば

カチャンと外れるのです。

この方法で壊すことで、

その場では自転車に乗れますが、

もうその鍵を使うことはできませんので、

また駐輪する場合には

臨時の鍵を用意する必要があります。

次は臨時の鍵として役立つ、

100円ショップで販売されている

鍵についてご紹介します。

自転車の鍵も100均に売ってる!臨時で使うにはこれでOK?

鍵をなくしてしまって

応急処置として鍵を壊し、

新たな鍵をつけるまでの臨時として役立つのが

100円ショップの鍵です。

100円ショップで販売されている

鍵の中で最もポピュラーなのが

「ワイヤーロック」です。

タイヤにワイヤーロックを巻き、

付属の鍵で閉めるというタイプです。

臨時の鍵としては

とても便利ですが、こ

ちらも小さな鍵で閉めるので

再び紛失してしまう恐れもあります。

また鍵はディンプルキーと呼ばれる

複雑な形をしたものとは違い、

とても単純な構造の鍵ですので、

比較的簡単に開けられてしまう恐れもあります。

鍵を紛失したり、

盗難に遭う可能性を少しでも低くしたい

という方は「ダイヤルロック」がおススメです。

4桁の数字があらかじめ決まっており、

ダイヤルロックをその数字に

合わせることで開く鍵です。

100円ショップとはいえ、

商品によって違う数字と

なっておりますので安心ですね。

万が一盗難にあっても

4桁の数字を当てるには

時間がかかりますので、

ワイヤーロックよりは安心できます。

確実に安心して鍵をかけるには、

やはりちゃんとしたものを購入、

取り付けする必要がありますが、

1日〜数日の臨時の鍵としては、

このダイヤルロックでも十分かと思います。

さいごに

自転車の鍵をなくさないという事が

何より大切ではあるものの、

小さな鍵はどうしても無くしてしまう事もあります。

万が一のために、

無くす前からスペアキーを

作ったほうが安心でしょう。

また防犯登録をしておけば

無くしてしまったときでも

交番や自転車店で鍵を壊さずに

開けてもらえることもありますので、

防犯登録は必ずするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする