自転車の鍵をなくした!自分でできる開け方は?ヘアピンであくの!?

スポンサーリンク

普段の生活の中で

利用頻度が多い「自転車」は、

ちょっとした外出はもちろん、

通勤通学で利用するという方も多いでしょう。

そんな自転車ですが、

鍵が小さいことから

「無くしてしまった」という

経験をお持ちの方も多いと思います。

今回は自転車の鍵を

なくしてしまった時に、

自分で開ける対処法を、

鍵の種類に応じてご紹介します。

自転車の鍵をなくした時の対処法!まずは自分で何とかしてみよう!

自転車の鍵は小さいですよね。

そのため無くしてしまう方も多いです。

出勤、通学前はもちろんですが、

自宅へ帰る時に鍵をなくしてしまうと

自転車を押して帰ることもできず、

とても困ってしまいますね。

そんな時には応急処置として、

自分でなんらかの方法を使って

鍵を開ける必要があります。

まずはじめに使える方法としては

「交番へ行く」という方法があります。

最寄りの交番が近くにある場合は

自転車の後輪を

持ち上げた状態で交番へ行き、

「鍵をなくしてしまった」

ということを伝えましょう。

防犯登録の情報と

自転車を持ってきた方の情報が一致すれば、

ワイヤーカッターなどを使って

鍵をこじ開けてくれます。

現在は自転車を購入する際に

防犯登録を勧められますので、

多くの方が防犯登録済みの

自転車に乗っていると思います。

ですが例えばネット購入した

自転車などを使った場合、

自分で防犯登録の手続きをしに行く必要があり、

防犯登録をしていない

自転車に乗っている方も

少なからずいらっしゃいます。

その場合はこの方法は

使えませんので注意が必要です。

この方法を使えない場合は

自力で開ける必要があります。

馬蹄錠と呼ばれる

馬の蹄のような形の鍵の場合は

「ヘアピン」や「安全ピン」を

使って開けましょう。

細い部分を鍵穴に入れ、

カチャカチャと少しずつ位

置を変えながら動かしていると、

ひっかかるところがあると思います。

そのひっかかりを外せば鍵は開きます。

このように

鍵をなくしてしまった時は、

まず交番へ行き、

交番で対処できない場合は

自分で鍵を開ける必要があります。

電動自転車の鍵をなくしたピンチを切る抜けるには!?開け方はある?

先程は鍵をなくした場合は

まず交番へ行くと良いという

お話をしました。

では電動自転車の場合はどうでしょうか。

普通の自転車とは違い、

電動アシストの機能を持った

自転車は鍵をなくすと大変です。

鍵の形も特殊なので、

ヘアピンや安全ピンを

使うことはできません。

電動アシストの装置は

電流も流れてますので、

自力でこじ開けたり、

電動アシスト装置を

分解するのはとても危険です。

電動自転車の鍵をなくした場合は

業者を呼びましょう。

出張サービスでもいいですし、

近くに店舗がある場合は

持ち込んでも構いません。

業者に頼んだ上で、

自宅にスペアキーがある場合は

もう一本、スペアキーを

作ることになりますし、

スペアキーすらない場合は

鍵自体の交換となると思います。

また鍵を紛失してから、

次に使うまでに日が空いている場合は

自転車メーカーに問い合わせることで

同じ鍵をお取り寄せできることもあります。

どちらにしても

「鍵ナンバーがわかるかどうか」

つまりスペアキーがあるかどうか

によって対処の方法も

変わってきますので注意しましょう。

さいごに

自宅の鍵や車の鍵とは異なり、

小さいので無くしてしまう方も

多い自転車の鍵。

なるべく無くさない工夫を

する事が一番ではありますが、

スペアキーを用意しておくことで

対処までの時間も短く、

金額も安く済みます。

鍵が1つしかないという状況を

なるべく作らないように、

時間がある時にスペアキーを

用意しておくということが、

とても大切になってきますので、

みなさんも参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする